お知らせ詳細

重機を電動に改造し環境改善を推進

コマツ製PC78US重機を電動化へ改造し、2月から稼働を開始しました。
使用8年による老朽化やエンジン音が大きく、排気ガスも出ることが自社の課題でした。そのため重機の電動化を計画し、清水鉄工機械工業協同組合員様のご協力を得て、昨年12月から重機の改造に着手しました。
エンジンやラジエター、ダイナモを取り除き、替わりに中古の37kwモーターとスターデルタ始動機を載せて電動化に成功!200V電源は建屋内の上部ケーブルから取ることにより、重機の移動や作業も支障なくスムーズに行えます。
電気料金と軽油の比較ではランニングコストが約2割安くなり、重機の寿命も延びます。排気ガスもなくなり、騒音も大幅に低減したことで工場内の作業環境は大きく改善しました。今後は社内の重機の電動化を順次進めていく計画です。
「リサイクル業界全体の作業環境がよくなるために、ご希望する業者様があれば電動化の方法を情報公開していきます」

重機を電動に改造し環境改善を推進

update : 2016-03-01 00:00:00
by : 都商事株式会社